• 調理家電事業は、家庭用精米機から始まり、30年以上皆様にご愛用頂いております。社員一同、
    心より感謝申し上げます。
    家電の開発ストーリー・・・お伝えしたいと思います。

~すべてはミシンモータから始まった~

  •  
  •  
  • 日本のミシン製造の量産は1921年に創業したパイン裁縫機械製作所(現 蛇の目ミシン工業)によってはじめられた。1947年家庭用ミシンの規格が統一され、1948年から規格に基づいた製品の出荷が始まり、工業用のほか家庭用が多く 作られていく。当時、日本の既婚女性の多くは家庭外で労働しなかったため、内職に使用することで副収入を得られるミシンが嫁入り道具として多く使われていた。
    1960年代までは人力のミシン(足踏み式ミシンは人の足先の上下運動を回転運動へと変換する仕組みのものである)が主流であった。
    足踏み式は微妙な感覚などでコントロールが必要なため、熟練技術が必要であっ た。
  •  
  •  
    • 山本電気は1950年にミシン用モータの初期モデルの生産開始。足踏み式ミシンを電動化にする方式等、利便性を上げるために、小型用ミシンモータの開発・生産を開始。
      多くのミシンメーカーに採用されました。1973年ミシンモータ生産1千万台達成し、家庭用小型ミシンモータ全世界シュア70%以上を達成。ミシンの歴史は、足踏み式から電動化・電子化・電子速度制御・コンピュータ搭載と進化し、山本電気のミシンモータは、現在も多くのミシンメーカーへ採用頂いております。
    •  
    •  
    • モータの高精度なパーツ母体となる金型をYDKは、自社制作しています。この技術は、長年にわたって家庭用ミシンモータで培ったYDKの強みでもあり、世界に誇る加工技術です。このモータ技術を生かし、もっと、ご家庭の食卓に役にたつ事ができないか。よろこばれる商品ができないか。との思いから、「健康・安全・利便性」を追求し、モータを活用した、家電製品の開発に着手しました。
    • 日本の文化でもあるお米。ご家庭の毎日の食卓に、いつの時期も、美味しいお米を食べていただきたいと、初めて、家庭用精米器(1982年)を発売しました。
    •  
  •  
  •  

~感動できる商品を~

  •  

~買って良かったと感動出来る商品をご家庭に届けたい~


  • 家電製品は、大手家電メーカーはもとより、海外家電メーカーからも、多くの商品が販売されています。低価格が売りの商品も多くありますが、山本電気は、培ってきたモータ技術を応用して、ご家庭の生活を少しでも便利に、お役にたてる家電商品をお手元にと。
    他社には真似できない特徴ある商品を提供したい。お客さんの声に耳を傾け、日々、製品開発に取り組んでいます。製品の良さを第一に考えており、「買って良かったと感動できる商品を」めざしています。



    ~こだわり商品を長く作り続ける~

     

    製品の良さは他社には負けない!」の開発思想があります。
    お客さんの声に耳を傾ける。いろんな見方で改善点が出てきます。常に改良を繰り返し、より良い商品をお使い頂きたい。良い製品を長く使っていただきたい。
    同じ製品を作り続けています。長く使える製品。一度使っていただくと、良さが実感できると思います。

     

    ~いつもおともに、いつも便利に~

    家電製品は、便利に、簡単に使える為にあります。家電製品を買って使ったが、使いにくい。場所が取る。操作がわかりにくい。性能が良くない。使わなくなってしまう事があります。
    YAMAMOTOは、「便利・簡単・機能性・デザイン性・安全」を考え製品化しています。
    使えば使うほど、製品の良さが分かってきます。
    使う人の為に、いつも、お共に! 「無くては困る」と思わせる感動を! お届けしてまいります。

     

    • つづきを読む
  •